Alternative Life Tools

#59 EWIN Foldable Wireless Keyboard for iPad mini

投稿日:



2016年6月にiPad mini4を導入し快適なモバイルコンピューティング環境を実現することができました

デジタルデバイスを刷新 iPad mini 4 + Bookey Pocket Keyboard + mineo sim + Anker 2port chargerで機動力を上げる

ただし、快適なコンピューティング環境にするためにBluetoothキーボードは必須アイテム

今までiPad mini用キーボードとして使ってきたBookey Pocket Keyboardの反応が悪くなってきてしまったので新しいキーボードを物色しておりました

Bookey Pocket Keyboardは10キーを廃し、iPhoneサイズに折りたためるコンパクトさと深めストロークのキータッチが気に入っていたのですが、残念ながらディスコン

 

今回は時間がなかったのでネットで物色しましたが、二つ折りになるタイプで良さげだったのがEWIN Foldable Wireless Keyboard
この手の中華系アイテムはいろんなブランド名被せて売っているのでかたちが同じであればどれも一緒なんでしょうね。多分

 

キー配列がMacBook Proとほぼ同じで、短めストロークのキータッチもMacBook Proに似ています
余談ですがMacBook Proのキーボードのストロークの浅さとカーソルの配置は非常に不満です...ひと昔前のものに戻してもらいたい

Bookey Pocketと比べると10キー1列分の高さが出てしまいましたが、当然ながら数字の入力は楽になりました

メリデメはこれで相殺ですね(笑)

このEWIN Foldable Wireless Keyboardの一番よいところはパカっと開けばすぐにペアリングするところ

iPhoneなど他のデバイスとのマルチペアリングには対応しておりませんが、僕ははこれでOK

使い始めて2週間ほど経ちますが、ひとまわり大きくなったこと以外は概ね満足しています

やはり、iPad mini + 折りたたみ式キーボードのコンビネーションは最強!

テキスト入力は当然ながら快適ですし、画像・動画共に編集アプリは充実しているので、PC作業のほとんどをこのコンパクトさで実現できてしまうのは驚異的なのです!

 

さて、次は2019年3月30日に突然発表された本丸 iPad mini5へのリプレイスですかね

iPad mini4の発売から4年が経過し「もう新しいminiは出ないのでは?」と言う憶測まで飛んでいましたが無事アップデートされました。外観こそほとんど変化はありませんが、最新のA12チップを搭載しApple Pencil(1st Gen)にも対応

さらに6月のWWDCで発表されたiPad専用のOSに加え、iPadをMacのサブディスプレイとして使用できるSidecar機能も追加され、ますますiPad miniの活用シーンが広がってきました

ひとまずiPadOSが登場する9月ごろまでに乗り換えようかな

-Alternative Life Tools

Copyright© 房総オルタナティブライフ , 2019 All Rights Reserved.