Alternative Life Tools

#51 Patagonia Nano Puff Jacket

投稿日:



もともとアウトドアで過ごすことが多かったので、必然的にウェアもアウトドアなものを選ぶ傾向にあります。

なかでもPatagoniaはのウェアは以前から愛用してきました。期待はずれだったものもいくつかありますが、このNano Puff Jacketは機能性と着心地ともに秀逸で愛用しています。

アウトドアにいると突然パラパラと雨が落ちてきたり、急に冷たい風が吹いたり、気温がぐっと下がってくることがありますが、Nano Puffを着ていると身体の中はいつも安定しており不快感がほとんどありません。

撥水加工(DWR 耐久性撥水)されたポリエステル製の生地が雨と風から身を護り、内側にはプリマロフト・インサレーションと呼ばれる極細の繊維が空気の層を作り出し、体内から発せられる熱を保温する構造になっています。そして、生地には100%、インサレーションには55%のリサイクルポリエステルを使用しております。

最初はこんなに薄くて大丈夫なのか?と半信半疑でしたが心配ご無用。生地も柔らかくて肌触りがよい上に、とてつもなく軽いので着ていることを忘れてしまうくらい心地よいです。

そしてジャケットを裏返し内ポケットに丸め込んでしまうことができるので非常にコンパクトに持ち運びができてしまいます。

冬場の野良仕事も、海辺のドローンフライトもほとんどこのジャケット1枚。

移動が多い生活をしていると機動力を上げるため荷物を出来るだけコンパクトにしたくなります。もしアウターを一枚持っていくとするなら間違いなくNano Puffをチョイスしますね。

余談ですが、Patagoniaは野生動物保護の観点から日本の「調査捕鯨」に反対し1993年と2007年に合計$14,000をシーシェパードに資金提供しています。(日本の「文化的な観点での捕鯨」を否定しているわけではありません。念のため)日本人としては複雑なところですが、こういったスタンスがあるということを受け止め、ある意味客観的に私たちが行なっていることに目を向けたいものです。

本当にクジラは数は減っているのか?

時に非人道的とも思えるシーシェパードの活動をどう捉えるのか?

ちなみに#31で紹介したLUSHも2014年にフカヒレ漁の反対キャンペーンを行なっています。

環境に配慮したスタンスをとる企業が発するメッセージは、普段の生活していると気づきにくいことを露わにしてくれます。すぐに「不買運動だ!」と反応するのではなく、一息ついて、冷静にその本質を見極めてから行動するようにしたいですね。

パタゴニア
https://www.patagonia.jp/

-Alternative Life Tools

Copyright© 房総オルタナティブライフ , 2019 All Rights Reserved.