パネルハウス内装

房総フィールドデベロップメント パネルハウス内装 36日目 床材 足場板のカット、壁塗り作業完了、ジャガイモの種芋を埋める

投稿日:



今週はいろんなことがあってお疲れ気味。金曜日の深夜に東京を出発。

一路房総半島へ!

interior36_01.jpg

いろんな雑念が湧いてくるとき、クルマの少ない真夜中の高速を走るとよい気分転換になります。

明け方前に房総フィールドに入ったので、9時ごろまで寝てしまいました。

interior36_02.jpg

目覚めて外に出ると風が強く寒い。空も薄曇り。

interior36_03.jpg

石油ストーブでお湯を温めインスタントのカフェオレを淹れ、パウンドケーキで朝食。

今日はタスクを整理してきたので、それに沿って作業を進めます。

まずは小屋内の荷物を外に出し、床材のカットからスタート。

床材 足場板の配置とカット

interior36_04.jpg

先週末に床材の配置を決めたので、それに沿って足場板をカットしていきます。

interior36_05.jpg

interior36_06.jpg

床材は杉の足場板。杉は柔らかいので比較的簡単にカットできます。

interior36_07.jpg

カットした床材をはめ込むとぴったり!気持ち良い瞬間です!

interior36_08.jpg

足場板は長さ1m90cm x 幅18cmなので、横方向のカットはノコギリでいけますが、縦方向となると・・・

できなくはないでしょうが、作業時間と肉体疲労度を感じると電動ノコギリでカットするのが賢明。

サイズを計測して、電ノコがある東京の自宅でカットすることにします。

interior36_09.jpg

interior36_10.jpg

前方・後方を横板、真ん中を縦板とすることで六畳一間にアクセントがうまれたような気がします。

房総フィールドカフェ オープン!

interior36_11.jpg

午前中は風が強く肌寒く感じましたが、お昼前から風もやみ暖かくなってきました。

春の気配を感じる暖かさ♪

interior36_12.jpg

週末恒例となっているnayaさんへパンの買い出し。今日のランチは具沢山のキッシュ

interior36_13.jpg

暖かいので外で食べることにします。作業台をスタンディングカフェに見立て立ち食い(笑)

種芋を植える〜インカの目覚め

interior36_14.jpg

この前、向かいで畑をやっているおばちゃんに「そろそろジャガイモの季節だよ」と教えてもらったので、種芋を注文。

しかし、小屋作りに時間を使っているので、畑を耕す時間がなかなか取れず焦っておりました。

そうこうしているうちに種芋が届いてしまったので、今日は気合を入れて土を掘り起こします。

interior36_15.jpg

種芋1kg、大小18個。品種はインカの目覚め。

interior36_16.jpg

ちゃんと堆肥を入れて土作りをしてから埋めたかったのですが、今シーズンは房総フィールドの土オンリーでどれだけできるか試してみることにします。

最後の壁塗り作業

interior36_17.jpg

ネット、店舗それぞれで欠品が続いていた塗り壁材「ひとりで塗れるもん」ヴィクトリアグリーン。

先週末、東京へ戻る途中、ダメもとでホームセンターに行ったら、見つけました!

中断していた壁塗りが再開できます!

interior36_18.jpg

さっそく塗り残していた壁面(3ブロック)を塗っていきます。

interior36_19.jpg

interior36_20.jpg

2ブロック塗り終え、最後の1面

interior36_21.jpg

16時半くらいから塗りを始め、3時間ちょっとで完了。

壁塗り作業もこれでおしまい。

完成間近の小屋内装

鏝板にこびりついた塗り壁材を落とし、鏝、ヘラを洗い、退避していた床板を元に戻し、21時過ぎに片付け終了。

interior36_22.jpg

interior36_23.jpg

interior36_24.jpg

次回は床の貼り付け作業。いよいよ小屋作りも終盤です。

今日は予定していた作業全て完了。珍しくはかどりました(笑)

interior36_25.jpg

天気予報では明日は雨。床材のカットもあるので東京へ戻ります。

再び真夜中の高速へ。

-パネルハウス内装

Copyright© 房総オルタナティブライフ , 2019 All Rights Reserved.