Computer ガジェット

MacBookのマウス+キーボードでiPadを動かせるようになった! macOS Monterey12.3で実装されたユニバーサルコントロールがめちゃくちゃ便利!

MacBookのマウス+キーボードでiPadを動かせるようになった! macOS Monterey12.3で実装されたユニバーサルコントロールがめちゃくちゃ便利!


以前はMacBookにLGの27インチ4Kモニター27UL850-Wを繋いでデュアルディスプレイで作業していましたが、最近、大きな画面を必要とする作業が減ってきたので、LGのモニターをAppleTVに繋いでテレビがわりに使っています

東京自宅模様替え 仕事部屋をくつろげるリビングに Apple TV 4K(2021)+ サウンドバー JBL Bar 5.0 MultiBeam + LG PC用 4Kモニター で4K/Dolby Atmos対応サラウンド環境をつくる

 

代わりにiPad Air4をセカンドディスプレイとして使っていますが、Mac側の画面をiPadで映す機能「Sidecar」がいまひとつ安定せずストレスが溜まっていました

iPad mini5をMacBook Pro13"のサブディスプレイにする これが世界最小の実用的ポストプロダクションシステム! iPad OS + Mac OS Catalina + Sidecar

SidecarでMac側のMeetやZoomの画面をiPad側に置くとフリーズしてしまうことが多発

iPadを単独で立ち上げ、トラックパッド付きBluetooth Keyboardでコントロールして擬似セカンドディスプレイにしたりもしてきましたが、キーボードを行き来するので当然ながらシームレス感はゼロ

モヤモヤしながらこの状態で半年ほど作業を続けてきたのですが、先月3月15日にリリースされたmacOS Monterey 12.3ユニバーサルコントロールという機能がリリースされました

MacBookのマウス+キーボードでiPadを動かせるようになった! macOS Monterey12.3で実装されたユニバーサルコントロールがめちゃくちゃ便利!

なにができるようになったかというと

1組のキーボードとマウスまたはトラックパッドを使って、あなたのMacとiPadの間でシームレスに作業できます。2台以上のMacまたはiPadと接続するのも簡単。カーソルをMacからiPadに動かしたり、Macで入力した文字をiPadに表示させたり、コンテンツをMacから別のMacへドラッグ&ドロップすることもできます。

この機能、昨年2021年6月のWWDCで発表されていたのですが、10月のmacOS Montereyリリース時には搭載されず、5ヶ月遅れでリリースにになりました

現時点ではβ版としてのリリースですが、MacBookPro 14"のトラックパッドとキーボードでiPad Air4をコントロールすることができるようになったのです

 

macOS Monterey12.3 ユニバーサルコントロール カーソルがニョキっと突き抜ける!

MacBookのマウスでiPadを動かせるようになった! macOS Monterey12.3で実装されたユニバーサルコントロールがめちゃくちゃ便利!

これはMacBookの画面

左上のカーソルを隣に置いたiPadの方に持っていくと

MacBookのマウスでiPadを動かせるようになった! macOS Monterey12.3で実装されたユニバーサルコントロールがめちゃくちゃ便利!

iPadの画面の端(右側)にユニバーサルコントロールのバーが現れ、カーソルがニョキっとバーを突き抜けようとします

この感触、なかなか良いです(笑)

MacBookのマウスでiPadを動かせるようになった! macOS Monterey12.3で実装されたユニバーサルコントロールがめちゃくちゃ便利!

バーを1度突き抜けてしまえばあとはシームレスに行き来することができます

といってもiPad OS側のカーソルの反応は元々鈍いので、精度の高い動きはないですが十分使えます

MacBookのキーボードでiPadのアプリにテキスト入力もできるし、テキストのみならず、画像のコピペもできる!

これは便利!

 

macOS Monterey12.3 ユニバーサルコントロールの設定方法

ユニバーサルコントロールはmacOS 12.3以上、iPadOS 15.4以上が利用条件なのでまずはアップデート

MacBookのマウスでiPadを動かせるようになった! macOS Monterey12.3で実装されたユニバーサルコントロールがめちゃくちゃ便利!

iPad側の設定は、「設定」 → 「一般」 → 「Handoff」をON、「カーソルとキーボード(ベータ版)」をON

これだけ

MacBookのマウスでiPadを動かせるようになった! macOS Monterey12.3で実装されたユニバーサルコントロールがめちゃくちゃ便利!

続いてMac側は、システム環境設定を開き「ディスプレイ」を選択

MacBookのマウスでiPadを動かせるようになった! macOS Monterey12.3で実装されたユニバーサルコントロールがめちゃくちゃ便利!

下部にある「ユニバーサルコントロール」を押下し

MacBookのマウスでiPadを動かせるようになった! macOS Monterey12.3で実装されたユニバーサルコントロールがめちゃくちゃ便利!

これらのチェックをON

ひとつ前の画面に戻り、「ディスプレイを追加」でiPadを指定すれば「ユニバーサルコントロール」が使えるようになります

 

セカンドディスプレイとしてiPadを選ぶのはありか?

Mac側で利用頻度の高いアプリケーションは、だいたいiPad版のアプリがあります

キーボードとトラックパッド(マウス)がシームレスに連携でき、コピペまでできるとなると、デュアルディスプレイで操作しているときの感覚とほぼ同じ

というか、これは新しい感覚でありながら、全く違和感を感じない新機能です

iPad側で作成したドキュメントをクラウドに保存しておけば、Macでの編集もシームレスにできますしね

 

欲を言えば、スリープ解除したときMacBookのTouch ID(指紋認証)で認証できれば最高ですね

あと会議アプリをiPadで立ち上げて、Mac側の画面の共有ができたらいいなぁ

とかあるものの、この辺は徐々にアップデートされていくでしょう

デュアルディスプレイではないけれど、ほとんど違和感なくデュアルディスプレイと同じことができるというのがユニバーサルコントロールの凄さ

 

そろそろAppleのエコシステムからドロップアウトしようと思っていましたが、こうも便利な機能を出されてしまうとなかなか抜け出せません!

 

先日のApple EventでiPad Air5が出たから次はiPad Proのアップデートになりますね

ここまで便利だともうちょっと画面大きくしようかな、、、とか

またいらぬ妄想が...

 

現行iPad Pro 12.9インチのスクリーン輝度は通常1000ニト(ピーク時1600ニト)

先日発表された27インチStudio Displayは600ニト

Studio Display売りの12MP超広角カメラ+センターフレーム機能は、iPad Proにとっくの昔に搭載されています

持ち運べるめっちゃ綺麗なセカンドディスプレイとしてiPad Pro 12.9インチをチョイスするのは大いにありです!

iPad Pro 12.9インチの128GB/WiFiモデルが¥129,000、Studio Display 27インチの標準モデルが¥199,800

価格だって7万も安いじゃないか!

余った分でiPad mini6も仲間に入れてトリプルディスプレイもあり

12.9インチ+8.3インチで21.2インチになってもお釣り来ます(笑)

 

-Computer, ガジェット