Camera ガジェット A Life in Boso

フランスのオールドレンズ アンジェニュー 35mmと5月の房総フィールド P.Angenieux Paris 35mm F2.5 R1+Sony α7R III

フランスのオールドレンズ アンジェニュー 35mmと5月の房総フィールド P.Angenieux Paris 35mm F2.5 R1+Sony α7R III


もともとAPS-Cのα6300で50mm画角を得るために使っていた35mmレンズ

TAKUMAR、Flektogon、Mir-1Bの後に購入したのがフランスのオールドレンズP.Angenieux Paris 35mm F2.5

フランスのオールドレンズ P.Angenieux 35mm F2.5 Retrofocus Type R1

その後フルサイズのa7R IIIがメインカメラになり、レンズをAPO Summicron 50mmにしてからというもの、あまりの完成度の高さに驚嘆してしまい、他のレンズを使うことが激減してしまいました

アポズミほぼ1本で1年が経過

どんなに素晴らしいレンズであったとしても、ちょっと気分を変えたくなる時もあるものです

フランスのオールドレンズ アンジェニュー 35mmと5月の房総フィールド P.Angenieux Paris 35mm F2.5 R1+Sony α7R III

ってなわけで、久しぶりにアンジェニューを取り出してみました

フルサイズ+35mmレンズはほとんど使ったことがない画角だし、アンジェニューの独特のソフトでありながら、時に美しいコントラストを写し出す、あの質感を再び味わいたくなったのです

 

 

今日は大寝坊してしまい、房総についたのが14時過ぎ

フランスのオールドレンズ アンジェニュー 35mmと5月の房総フィールド P.Angenieux Paris 35mm F2.5 R1+Sony α7R III

一休みして野良仕事でも始めっか、と思ったら天気が急変

フランスのオールドレンズ アンジェニュー 35mmと5月の房総フィールド P.Angenieux Paris 35mm F2.5 R1+Sony α7R III

雨が落ち始めたと思ったら、辺りが真っ暗になり時折雷が轟きはじめました

フランスのオールドレンズ アンジェニュー 35mmと5月の房総フィールド P.Angenieux Paris 35mm F2.5 R1+Sony α7R III

しかたがないので、本屋さんまで行ってBRUTUS 居住空間学2021を購入して(この時期の恒例行事!)小屋でパラパラめくっておりました

フランスのオールドレンズ アンジェニュー 35mmと5月の房総フィールド P.Angenieux Paris 35mm F2.5 R1+Sony α7R III

本日ゲットしたIsenさんのパンをむしゃむしゃいただきながら!

しばらくするとめちゃくちゃ大きい雷がドーン!と落ちた後、雨が上がり、再び陽が刺してきました

フランスのオールドレンズ アンジェニュー 35mmと5月の房総フィールド P.Angenieux Paris 35mm F2.5 R1+Sony α7R III

雨上がりの夕方、空気が清々しく、光がとっても綺麗

フランスのオールドレンズ アンジェニュー 35mmと5月の房総フィールド P.Angenieux Paris 35mm F2.5 R1+Sony α7R III

暫し畑をウロウロ

フランスのオールドレンズ アンジェニュー 35mmと5月の房総フィールド P.Angenieux Paris 35mm F2.5 R1+Sony α7R III

まもなく収穫を迎えるそら豆、玉ねぎ(ミニ!)、そして小麦たち

その根本に夏野菜の種を仕込んでいきます

美しき畑を目指して!

 

う〜ん、房総フィールドを撮るなら50mmより35mmの方が雰囲気出るかもな・・・

なんて思っていると、

ほら、

ズミルックスでF1.4とかのあったよな

いやいや、ズミクロンからでよくね?

待て、手を出すならノクトンにしとけ!

とか、いらんこと考え出すからやめましょw<自分

次は75mmにしようと思ってたんだけどなー

ぶつぶつ

フランスのオールドレンズ アンジェニュー 35mmと5月の房総フィールド P.Angenieux Paris 35mm F2.5 R1+Sony α7R III

さて、明日の仕込み作業(ピーナッツの殻わり)して、なにも考えずにゆっくり過ごしましょ!

 

-Camera, ガジェット, A Life in Boso

© 2021 房総オルタナティブライフ