Alternative Life Tools

#8 ZOOM iQ6 PCM Recording Microphone for iPhone

投稿日:

ドローンを飛ばすようになってから動画を撮る機会が増えてきました。自分で撮影した空からの映像は、毎回新鮮で飽くことなく楽しんでいます。

しかし撮影に使っているドローンDJI Sparkに録音機能はありません。マイクをつけてもプロペラの回転音しか録音されないからでしょう。ドローンで撮影した無音の映像を編集していると「この時の音」が入っていればと思うことがしばしばありiPhoneに取り付けられる録音用マイクを購入しました。

ZOOM iQ6はLightningジャックに差し込むだけでリニアPCMレコーダーに早変わりしてしまうもの。普通のPCMレコーダーでもよかったのですが、iPhoneにデータが保存されるので管理が楽なのと、なにより荷物をコンパクトにできるメリットがあります。

XY指向性ステレオマイクを回転させると集音範囲を90°/120°に変更できるので、鳥の鳴き声や川のせせらぎなどターゲットを絞ったり、空間全体の音を拾うことが可能。同じくZOOMからでているMid-Side方式のステレオマイクiQ7は2つのマイクのうち1つが横方向に可動し前後左右30°~150°の音を拾えます。録音する対象により選択が分かれるところです。

さすが音響機器メーカーの製品だけあり、本体にGAINボリューム、レベルメーター、イアフォンジャックがついており、リアルタイムでモニタリングができます。

音質は満足いくものですが、通信をオンにしていると所謂ホワイトノイズがのりやいので機内モードにして録音するのがオススメです。外で録音する場合は、風切り音を防ぐ毛むくじゃらのウインドスクリーンは必須アイテムとなります。

難点は専用アプリ。収録したデータはメールとSoundCloud経由でしかシェアできません。メール添付は容量制限(25MB)があり実用的ではありません。iPhoneで録音、iPadで編集しているのでせめてAirDrop、GoogleDriveなどのCloudストレージに対応してもらいたいものです。他の録音アプリでも使えるのでケースバイケースで使い分けできますけどね。

動画に収録音を重ねると臨場感がぐっと増します。編集は一手間増えますが「その時 感じていた空気感」を再現するには必要な手間。まだ経験値は低いですが、状況に応じた「良い音」を収録、編集できるよう工夫して遊んでおります。

ZOOM CORPORATION
https://www.zoom.co.jp

-Alternative Life Tools

Copyright© 房総オルタナティブライフ , 2019 All Rights Reserved.