Stars

397年ぶりの木星と土星の大接近 グレートコンジャンクションを眺める3日間

397年ぶりの木星と土星の大接近 グレートコンジャンクション


2020年12月22日 午前3時21分 地球から見た木星と土星が重なりました

これだけ大接近するのは1623年7月17日以来397年ぶりだそうです

2020年、春過ぎごろから夜空を眺めるとこの2つの惑星が浮かんでいました

6月26日 房総フィールド

2020年 初 房総フィールドから眺める天の川

8月13日 小戸海岸

2020年ペルセウス座流星群を追って房総半島をふらふら

9月23日 志田下

房総 東浪見で星空を眺めながら占星術のグレートコンジャンクション「風の時代」に想いを馳せる

冬至にこの2が重なるのかぁ

と思いながら眺めていましたが、気がついたら12月

夏頃は深夜まで夜空に浮かんでいましたが、12月からは日没後すぐに沈んでしまうのでシャッターチャンスは17時〜19時くらいの間

12月20日から22日の3日間、大接近中の木星と土星を追ってみました

12月20日 一宮海岸

397年ぶりの木星と土星の大接近 グレートコンジャンクション

12月21日 房総フィールド

397年ぶりの木星と土星の大接近 グレートコンジャンクション

12月22日 東京

397年ぶりの木星と土星の大接近 グレートコンジャンクション

残念ながら完全に重なるタイミングは日本から見れませんでしたが、火星の向こうに浮かぶ2つの惑星が一直線に重なったと思うと神秘的な感じがします

次に大接近するのは60年後の2080年だそうです

うっし、次回も眺めてやるぞ!

 

-Stars

© 2021 房総オルタナティブライフ