Soul Searchin'

Soul Searchin’ Work to Do お金の外側にあるもの

投稿日:

仕事を辞めると決めて1ヶ月経ちました

具体的に退職日をいつにするかなど話を進めている状態です。引き継ぎがうまく進めば6月から晴れてフリーです(笑)

で、今後どうしていくかについては、相変わらずなんにも決まっていません

ひとことでいえば「やりたいことのみ」していくです

 

なんですが、

よく言われる「やりたいことをしよう!」みたいな無責任な言葉に誘われて脱サラするのとはなんか違う。そもそも、そういうことを「言う人」にも「それに乗ってしまう人」にもどこか違和感を感じていました

 

本当に自分がやりたいこと

 

これを本気で突き詰めないとダメなんじゃないかと思います

このプロセスって意外と単純ではないのです

 

なんの制約もなかったら、なにやりたい?

 

最初に始めたのはこれまでの仕事で得てきたスキルや人脈の棚卸し

これをベースになにができるか考えていたのですが、いまひとつしっくりきません

そして、とあるタイミングで、この思考は生活するための「お金」を稼ぐことが前提になっていることに気がつきました

 

一旦お金のことも取っ払おう!

 

と思い、あらためて自分に「なにしたい?」を問い続けた結果、出てきた答えが

 

いままでこのブログに綴ってきたこと」でした

 

僕が呼吸するようにしていること

でも誰もやっていないこと

小屋を建てている人はいるし、自然栽培で野菜作っている人もいるし、写真を撮るのが好きな人もいるし、ドローン飛ばしている人もいる

でもそれらをミックスしている人はおそらく僕だけ(笑)

すでにやりたいことはやっていたということでした

これが僕自身だし、僕のオリジナリティでもあります

 

で、さらに

なんでこんなライフスタイルを続けているのか?

を深掘りしていくと、

 

結局この社会システムに対して違和感を覚えていることなんだと思います

 

一例をあげれば、

添加物もりもりの食品を食べ、病気になれば医者に言われるがままに薬漬け、おまけに不安を煽られ保険サービスに加入する

どう捉えるかは各々に委ねられますが、

見方によっては、製薬会社を含む医療業界が薬を売るために食品会社と結託し病気をつくりだし、それに便乗して保険サービスが成り立っている

とも捉えられるのです

 

そのベースにあるものは「人」<「金」の構造

 

本来であれば、人々が健康で健やかになる食べ物を提供することが食品会社の役割であり、病気になったとしても生物が持つ自然治癒力をベースに回復させること、それでも治癒が難しいものに対して薬やテクノロジーを使うのが医療本来の役割だと思うのです

このブログに「オルタナティブ」というワードをチョイスしたのも、潜在的にそういった意識があったからなんだと思います

 

創りあげていきたい「世界」

 

僕がこれから創りあげていきたい「世界」は、人・もの・ことの関係をお金を基準にするのではなく、他のなにか別のものをベースにリビルドしていきたいという気持ちがあるようです
(それは愛という言葉に集約されるのかもしれませんが、抽象的すぎるので敢えてその言葉は使いません)

 

宇宙からみたら点に過ぎない「房総フィールド」では、太陽光で電気エネルギーを得て、雨水を活用し、固定種の種で野菜を作っています

規模は小さくとも天から降りてくるものを活用し、生命があるべき姿で命を育み、それを僕がいただくという循環のなかにあります

これらは全て天から無償で提供されるエネルギーの塊
この事実を宇宙からの「愛」といえば「愛」なのかもしれません

 

ひとまず、いまできることは、この体感をシェアすることだと思い、

週末 房総フィールドで過ごす「房総オルタナティブステイ」を始めました

少しでもこの「自然が放つ美しさや循環のサイクル」を感じてもらうには、直接ここに来てもらうのが一番

もちろこのステイは無料!

ブログでは感じ取れないものを感じてもらい、僕もゲストからインスピレーションを得たり、エネルギーをもらったりできればいいなと思っています

そして、これが、これから暫くの間、僕のライフワークになるでしょう

【予告】房総オルタナティブステイ〜まだ3次元で消耗してるの?

 

お金の稼ぎ方

 

とはいえ、僕がいま暮らしている社会は「お金」がベースです

これから僕が作り上げていきたい「世界」を成立させるためには、やっぱりお金が必要なのです

 
じゃぁ、どうやって稼ぐのか?
 

再び会社という組織に入り、時間に縛られることも、意味のない会議も、なにも得ることのない懇親会も、社内政治に巻き込まれることにも興味はありません

ただ、いまやっている「仕事」自体は、実は、僕が興味のあることだし、周りからの刺激もあって成長もできるし、なにより面白い!

この気持ちを受け入れて良いのか、何度も自分と対話しましたが、現時点では違和感がありません

であれば、この仕事は続けていこう!

幸いにも僕がいままでやてきた仕事を評価してくれる方もいらっしゃるので、案件単位でジョインさせていただこうと思っています

契約は時間単位、完全にフリーターですね(笑)

さっ、明日から交渉始めよう!

 

 

ということで、現時点での大きなプランは

週2〜3日くらい今の仕事の延長にある仕事をし、残りをオルタナティブライフ+自分のためだけの時間に当てようと思っています
 

仕事とはなにか?

そろそろその定義が壊れていくのかもしれません

必ずしもお金を稼ぐことだけが仕事ではなくなるかも?

いまのプラットフォームの外側になにかがあるのでは?

これをしばらく探求してみたいと思います

単純に好奇心でね(笑)

 

あっ、時間配分からみたらもうオルタナティブじゃないじゃん(笑)

房総メインストリームライフ、、、なんかだっさいな、、、

 

 

今回のカバーは大好きな、大好きなThe Isley BrothersのBrother,Brother,Brother

もちろん「Work to Do」が入っているからこのアルバム!

もう、男は女のために仕事をするっていうの古いよ

他の方法で「Keep your love light burning」してもらえるようにならないとね(笑)

数年前、Isleyのライブ見たけど、ロナウドは酒飲みながらダラダラしてて不完全燃焼でした。でもアーニーのギター、最高だったな♪

さて、そろそろBetween the sheetsしよっと←ひとりだけどな、ちっ(笑)

-Soul Searchin'

Copyright© 房総オルタナティブライフ , 2019 All Rights Reserved.