Drone ガジェット

ついに199gのDJIドローン登場! DJI Mavic miniは買いか?!

投稿日:

ついに199gのDJIドローン登場! DJI Mavic miniは買いか?!


2019年10月31日、コンシューマー向けドローンで圧倒的シェアを誇るDJIから新たなコンパクトドローンMavic Miniが発表されました

Mavic Miniは折りたたむと手のひらにおさまるスマホサイズ。そして重量 199gという超軽量な小型ドローン

ちなみに現在DJIのラインナップにある小型ドローンSparkは300g、Mavic Airは430g

そう考えるとMavic miniが圧倒的に軽量なのがわかります

 

そしてこの119gというのがポイント

 

なぜ199gが重要かというと、日本の航空法上では、200g以上のドローンを人口密集地(DID地区)で屋外飛行するには申請が必要なのです

DID地区

東京から千葉エリアのDID地区を見てみると、都市部、特に都内はほぼ全滅

その他にも高度150m以下での飛行が義務付けられていたり、空港・重要施設周辺での飛行はNGなど、航空法で規制されている事項がありますが、この200g未満か200g以上かというのはドローンを飛ばすにあたっては大きな壁となります

つまり、200g未満=199g以下であれば、申請不要でフライトを楽しめちゃうということです!
重ねてですが、重量以外にも航空法のルールがあるのでご注意ください!

 

トイドローンであれば100g以下のものも多くありますが、安定した飛行と美しい映像を撮影することは難しいでしょう

これまでの製品から考えると、DJIであれば安定した飛行性能が得られ、カメラ性能も期待できます

 DJI Mavic miniフロントビュー

Mavic miniのカメラ性能

搭載されているカメラは1/2.3インチCMOSセンサーで1200万画素の写真2.7K 30p(FullHD 60p)の動画が撮影可能

ブレ防止装置 ジンバルも3軸で滑らかな映像を撮ることができるでしょう

残念ながら4Kには対応していないものの、スナップ+αであれば十分なスペック

1インチCMOS、Hasselbladブランドのカメラ搭載のDJI Mavic 2 Proと比べると精細さは欠くでしょうが、飛行エリアの自由度とモバイル性能とのバーターですね

DJI Mavic miniアッパービュー

Mavic miniの飛行時間

1100mAhのバッテリーで18分間の飛行が可能

このサイズのドローンであれば納得です

1100mAhバッテリーであれば、モバイルバッテリーで充電しながら移動してロードムービー的な動画が撮れそうです

ちなみにMavic miniのグローバルモデルは、2400mAhのバッテリーが搭載されてており、重量が249gになっています
これはアメリカの航空法でも重量規制があり、250gを超える機体はアメリカ連邦航空局(FAA)に登録が必要だから

2400mAhのバッテリーを搭載すると飛行時間は30分に伸びます

DJI Mavic mini折り畳み

Mavic miniの安全性能

下方向ヴィジョンセンサーは搭載されていますが、障害物検知システムは付いていないようです
センサー付けると重たくなるでしょうから、重量との兼ね合いだったのでしょう

DJIドローンの安定性能は高いですが、初めてドローンを飛ばす人はプロペラガードをつけてトレーニングしたほうが良いでしょうね

 

 

さて、Mavic miniのデリバリーは11月中旬から

本題の

DJI Mavic miniは買いか?!というと

いまのところステイ

僕がドローンを飛ばすのは、基本的には飛行禁止区域外の房総ですし、現在メインで使用しているMavic 2 PROは国土交通省に飛行申請しているのでDID地区でも飛行可能だから

でも、もしこれが初めてのドローンであれば間違いなく買い!でしょう

ただし、障害物検知システムがないので安全なところで十分トレーニング積んで、ドローンというものを理解する必要はあると思います

 

僕が購入するとしたら次の旅のタイミングでしょうね

 

旅行に行くときいつも悩むのが

ドローンを持っていくか?!

ということ

 

空撮することが行程に組み込まれていれば別ですが、飛ばすかどうかもわからないのに、かさばるドローンを持ち運ぶ気にはなれません

しかし、このコンパクトさであればバックパックに入れておいて、気が向いた時にドローン空撮を楽しめるかもしれません

 

購入するとしたら、プロペラガードなどのアクセサリーのほか、1100mAhバッテリーが3個+充電ハブも着いたFly Moreコンボ

単体だと¥42,600ですが、Fly Moreコンボだと¥59,400

さらに2400mAhバッテリーを別途購入してDID地区では1100mAhで、それ以外の地域では2400mAhで飛ばします

飛行時間18分と30分では大違いですからね

ちなみにMavic mini用2400mAhバッテリーは国内では正規販売しないみたいですけど

 

それにしても、日本の航空法にあわせて重量をカスタマイズしてくれたDJI、粋です!

 

 

-Drone, ガジェット

Copyright© 房総オルタナティブライフ , 2019 All Rights Reserved.