オーガニックガーデン 2019

梅雨明け前の房総フィールド

7月も下旬だというのに梅雨明けの気配も感じられない2019年夏 ネジバナも枯れはじめてきました 見たことはないですがこの中に種が仕込まれているはず 今年も自然に任せ、採種せずそっとしておきます また来年どこかに鮮やかなピンクの花を咲かせてくれるでしょう 先週おろした早生枝豆 越後ハニー はやくも二葉が出てきました GWに種をおろした枝豆はそろそろ収穫シーズンだというのに実付きも悪く、第一弾は不作 1番生育の良かったイタリアントマトの株 順調に思えてたのに葉が枯れ始め、実がぼとぼと落ち始めてしまいました ど ...

ReadMore

オーガニックガーデン 2019

黄色い花の野菜たち Power of Yellow Flowers

7月も後半 早朝、どこからか漂うほんのり甘い香りに誘われて、畑をふらふらしていたら黄色い花をつけている野菜たちが目に入ってきました 黄色は有彩色で一番明るい色 太陽やひまわりなどポジティブで明るいイメージがある黄色 土の上に被せた雑草が茶色く変色し、緑色が深くなった葉のなかで、鮮やかな黄色い花が目立ちます 植物は大きく移動することはできませんが、実は結構あざとい 特に野菜たち やつらは 「美味しくて、甘くて、大きな実が欲しいでしょ?」 という誘い文句で僕を釣り 畑を耕し、種を撒き、水をやり、雑草を刈り取ら ...

ReadMore

植物の叡智の守り人 三人姉妹の物語 トウモロコシとインゲン豆とかぼちゃの畑

オーガニックガーデン 2019

植物の叡智の守り人 三人姉妹の物語 トウモロコシとインゲン豆とかぼちゃの畑

以前、5月に房総フィールドに遊びにきていただいたKさんにご紹介頂いた、ネイティブアメリカンの血を継ぐ植物学者 ロビン・ウォール・キマラーさんが書いた本「植物の叡智の守り人」 その一節にネイティブアメリカンの間で受け継がれる農業の知恵「三人姉妹」の物語があります 飢えによって次々に人が死んでいくある長い冬のこと、三人の美しい女性が雪の降る夜に部族の住まいにやってきたという。1人は背が高く、黄色い服を着て、長い髪をなびかせていた。二人目は緑色の服、三人目はオレンジ色の服を着ていた。 三人は家に入り、火のそばに ...

ReadMore

房総フィールド的雑草農法

オーガニックガーデン 2019

房総オルタナティブ的雑草農法 安納芋とオクラ定植と夏野菜の収穫始まる

房総フィールドでは無肥料・無農薬で野菜を育ています 土の養分は敷地で刈り取った雑草のみ 積み重ねた雑草を、昆虫や微生物が分解し土に還す このサイクルを地道に繰り返しています 肥料を使った農法が間違っているとか、あっているとかではなく、 単純にその場にあるものをうまく使ってなんとかなるんじゃない? といった感覚で土作りを楽しんでいます 以前、土壌の養分を計測できるECメーターを使って雑草を積み重ねておいたところの定点観測していたのですが、腐食が進むにつれ数値がグッと上昇していたので、おそらく、雑草のみでもあ ...

ReadMore

オーガニックガーデン 2019

梅雨の合間の草むしり

今年は梅雨らしい日が続き、お休みのタイミングは雨ばかり おかげで畑のメンテナンスができず、房総フィールドは雑草畑 水曜日の朝、天気予報をチェックしていたら木曜日が曇り予報 打ち合わせも入っていなかったので急遽房総へ フリーになったおかげでだいぶフレキシブルに動けるようになりました! 深夜1:30 房総フィールドに到着しクルマから降りると星空が広がっていました ものすごく久しぶりのスターゲイジング! カメラを三脚に取り付けていると、かなり大きな火球が”じゅおっ”と音を立てて流れていきました 写真の上の方、か ...

ReadMore

Flower A Life in Tokyo

Angenieux 35mm F2.5で朝顔市を撮る 入谷鬼子母神 朝顔まつり

オールドレンズ Angenieux 35mm F2.5を購入して1ヶ月 それまで愛用していたCarl Zeiss Flektogon35mmの出番はほとんどなくなりAngenieuxでばかり遊んでいます この色のり、このシャープさ レンズって値段に比例して味が出るものなのだなぁ ということを実感する今日このごろ この上となるとLeicaとかいうメーカーのものになるらしいのですが、レンズ沼に足をすくわれないよう、なるべく情報を遮断するようにしております(笑) * さて、今日は少し時間が空いたので、Angen ...

ReadMore

Soul Searchin'

Soul Searchin' 七夕に想う1年後に起きたこと

去年、房総で野良仕事をしているときに 僕、こんなところでなにやってるんだろう? と、突然モチベーションが失速したのがちょうど1年前 あれから目に見えない世界、スピリチュアルな世界を彷徨い、気がついたら離婚したし、会社員もやめてしまった! 1年前、この状況をイメージできていたか? というと、想像すらできていませんでした   僕自身は、なにかが見えたり、霊的な力を持っているわけではないですが、この1年間で、魂の繋がりをもつ人、いわゆるソウルメイトに出会ったり、既に出会っていた人がソウルメイトであった ...

ReadMore

Soul Searchin'

Soul Searchin' 変化し続けていくことと感情の捉え方

6月いっぱいで会社員を辞めフリーになりました すでに6月から自宅で仕事をし始めていたので、そのままの流れでいくんだろうなぁと思っていたし、とっくに腹はくくれている思っていたのですが、、、 最終出社日、諸々手続きを終えて会社をでる直前、なんともいえない不安感みたいなのが出てきちゃったんですよね(笑) これには自分でも驚いた! 多少、感傷的になる部分はあったと思いますが、それ以上に、無意識レベルで組織に属していることの安心感を感じていたのでしょうね その安心感は、究極的に言えば、定期的にお金が入ってくるという ...

ReadMore

オーガニックガーデン 2019 パーゴラ DIY

ゴーヤ用 パーゴラの竹垣修復 2019

2017年に作ったパーゴラ。その側面に竹垣をくっつけてゴーヤを育てています しかし、作りが悪く、毎年崩壊(笑) 今年も竹垣の修復作業開始です! まずは部材調達 この季節の竹林は、今年生えてきた若竹がすっと立ち上がり、鮮やかな緑と古株のコントラストが綺麗です なのですが、実態はそんな悠長なこと言っておられず、ヤブ蚊の大群に襲われること必至 覚悟して竹林に入らなければなりません! 昨年作った竹垣は間隔が広すぎ、ゴーヤの蔓が巻きつきにくかったので2019年は狭目にしてみることにしました こういう経験値って1年越 ...

ReadMore

A Life in Boso

ファンタジーとはなにか?房総フィールド裏の小川でヘイケボタルを眺める2019

昨年の6月初旬 「この前いすみで蛍見て来たんですよ」 と、ご近所さんたちと話していたら 「蛍なら、ここの裏でも見れるよ!」 と衝撃の情報が! 房総を行き来するようになる前は、初夏になると関東周辺の蛍スポットを巡っていたほど「蛍フリーク」な僕にとっては衝撃だったのです だって、自分の敷地の真裏で蛍が見れちゃうなんてすごくないですか?! ということで、今年も蛍シーズンがやって来たので、野良仕事を終えたあと、裏の小川へ向かいました   *   夏至の直前、陽が落ちてうっすら暗くなる19時ごろ ...

ReadMore

Copyright© 房総オルタナティブライフ , 2019 All Rights Reserved.