TOOL

ゴリラカート ガーデンダンプカート購入@コストコ & 組み立て

投稿日:



房総フィールドに小屋を建てるために、整地を兼ねた竹の根除去作業を始めました。
掘り出した土をのバケツで移動していましたが、一度に運べる量が少なく非常に効率が悪い。(当たり前ですが・・・)
そこで、工事現場で見かける土砂を運搬するネコ車(一輪車)を買おうと、ホームセンターで数台見比べましたがどれもいまひとつ。もっとかっこいいのがないものかとネットで調べていたときにふと目にとまったのが、この「ゴリラカート」というアメリカ製のキャリアー。

数年前まではラバーメイド社のブランドで出ていたようですが、現在は製造元であるゴリラカートのブランドで販売されています。(ラバーメイドのときはバケット色がグレーで、その後ベージュになり、現行はブラウンになったみたいです)

gorillacart2.jpg
購入の決め手になったのはアメリカンプロダクトらしいデザインもさることながら、バケットが90度にダンプすることでした。これなら今までより多くの土を運べ、かつ降ろすことも簡単そうです。しかも対荷重453kg(1000lbs)、ダンプ時は約180kg(400lbs)
調べた限りでは、国内で入手できるのは、ジョイフルホンダの一部店舗、コストコ、楽天などのネット通販の3パターン。僕は現物を見てから購入したい質なのでコストコ幕張へ向かいました。

gorillacart1.jpg
2階の左手奥にありました!

gorillacart3.jpg
が、予想以上に大きいパッケージ。。。コストコの大きなカートにも収まりきらないサイズです!箱の大きさは約1090×285×640くらいです。
価格は¥9,480と相場より安いのはコストコだから。因みにコストコでお買い物をするには、これとは別に年会費(¥4,200)がかかります。

 

gorillacart5.jpg

ゴリラカートは組み立て式なので、バケット、フレーム、タイヤなどがバラされて梱包されています。

gorillacart6.jpg
房総フィールドで組み立て開始。用意した工具は、マイナスドライバー(大きめの方が良いです)、13mmのTレンチと13mmのメガネレンチ、クルマのタイヤ用の十字レンチ(19mm)。この他、念のためモンキーレンチも持って行きました。

gorillacart7.jpg
組み立ては、マニュアルに沿って6ステップで完成です。ネジ類のパッケージは組み立て順にセットになっています。
組み立てステップは簡単ですが、ちゃんとした工具があると効率が良いことと、アメリカ製であることを考慮した方が良いです。ネジとナットは手で回せるのは数回転までであったり、締め込んでいくとワッシャーをが歪んだりと精度が悪いです。大雑把な作りなので、細かいところで悩むと先に進めません!

STEP1
まずは取っ手側のフレームを組み立て。
gorillacart8.jpg

STEP2
次にリア側の車輪を取り付けるフレームをバケット装着。gorillacart9.jpg
STEP3
これはバケットをダンプする際のリリースレバー。
gorillacart10.jpg
STEP4
最初に組み立てたフロント側のフレームをバケットに固定。
gorillacart11.jpg
STEP5
タイヤの取り付け
gorillacart12.jpg
STEP6
手押しバーをとめて作業完了。
gorillacart13.jpg
完成!組み立て所要時間は40分~1時間程度でした。
gorillacart15.jpg
ダンプ!
gorillacart16.jpg
さぁ、これで作業が捗るぞぉ!

-TOOL

Copyright© 房総オルタナティブライフ , 2019 All Rights Reserved.