オーガニックガーデン 2020 A Life in Boso A Life in Tokyo

オンライン会議して、陸稲の種を撒き、東京に戻る

投稿日:

オンライン会議して陸稲の種を撒き東京に戻る


新型コロナウイルスで世界が混乱するなか、房総で淡々と日々を送っております

オンライン会議して陸稲の種を撒き東京に戻る

1年前の今頃は、東京の自宅から歩いて駅まで行って、通勤電車に乗って、オフィスで仕事し、打ち合わせをしに移動して、会議して帰宅する生活を送っていました

昨年の7月からフリーランスで働き始め、働き方はだいぶ変わりましたが、今回の騒動で状況はさらに変化しました

今では小屋に寝泊りし、インターネット越しに会議をし、ドキュメントをまとめ、Slackで共有しながら仕事を進めています

働くことの意識が変わり、効率的に仕事をするようになったし、時間を有効的に使えるようになりました

オンライン会議して陸稲の種を撒き東京に戻る

WEB会議が終わったら小屋から出て野良仕事

オンライン会議して陸稲の種を撒き東京に戻る

今日は一昨年うまく行かなかった陸稲の種を畑の脇に撒いてみました

 

もはや、なにが仕事でなにがプライベートなのか、その境界線も薄れてきています

一年前だったら「こんなんでいいのか?!」って思っていたでしょうけど、このスタイルでモノゴトが成立してるんだし「これでいいのだ!」と受け入れるしかありません(笑)

オンライン会議して陸稲の種を撒き東京に戻る

さて、東京自宅で調理してきた食料が尽き、洗濯物が増えてきたので東京に戻ります

今日は、昨日収穫したタケノコを友人、親戚など各所に配りながら東京に戻ってきました

タケノコはタダで手に入っちゃうし、房総のガソリン価格はハイオク123円だし(都内のレギュラー価格と同じくらい)、平日の昼間だというのに道路は空いているし、東京の街中は静かだし

僕のライフスタイルも、モノの価値も、社会の状況も、もはやなにが正解なのかもわかりません

ますます混沌としていくこの世の中で、心と生活の安定を保つには外の状況に左右されない状況を作ることが必要だと思っています

不平や不満が出るということは、その対象に期待し依存しているから

その依存しているものごとを自分の手に取り戻してみること

自分ひとりでは解決できないことは自分が信頼できる人や情報ソースを見つけること

ポストコロナウィルスの世界を作り上げていくには、そういったマインドと行動が必要になってくると思っています

 

それにしてもなんかヘンだよなぁ

よくいわれるインフルエンザとの比較でいうと、日本のインフルエンザの死者数が年間約3000人、新型コロナウイルスの死者数は3ヶ月で約150人。仮にこのペースだったとして年間約600人

致死率は1.6%とインフルエンザの0.1%と比べると高いですが、”検出されないこともある症状の軽い患者も含めた場合、約0.66%と推定される”との報告もあります

致死率が圧倒的に高かったSARS 9%、MERS 10%のときって、ここまでだったけ?

しかも世界中の政府、マスメディアがこぞって同じ方向むいているし

これは、どこかの誰かが仕組んだシナリオなのか?!

と、YouTubeで陰謀論ばかり見ていてすっかり洗脳されている房総オルタナティブライフでした(笑)

もう陰謀論にも飽きてきたけどねww

 

-オーガニックガーデン 2020, A Life in Boso, A Life in Tokyo

Copyright© 房総オルタナティブライフ , 2020 All Rights Reserved.