房総オルタナティブライスフィールド 2021年稲刈りDAY5 竹で稲架(はさ)を作る+大根種下ろしとちょこっと稲刈り

オーガニックガーデン 2021

房総オルタナティブライスフィールド 2021年稲刈りDAY5 竹で稲架(はさ)を作る+大根種下ろしとちょこっと稲刈り

朝4時過ぎに目が覚めたので 「うっし、今日は仕事も入ってないし房総いくか!」 と言った感じで再び房総フィールドに戻ってまいりました 今日は稲刈りを一休みして、稲を干しておく稲架(はさ)を作りにやってきました 昨年2x4材+ソーホースブラケットで作った稲架がまもなくいっぱいになってしまうのです 稲架といえば竹で作るのが一般的なので、房総フィールド到着後、裏の竹林で使えそうな竹を物色し、いざ切り出しに行こうとしたタイミングで お庭に出ていたお隣さんに 「稲架を作りにきましたわ」 と言ったら、 なんと稲架用の竹 ...

ReadMore

房総オルタナティブライスフィールド 2021年稲刈りDAY4+冬野菜の区画準備

オーガニックガーデン 2021

房総オルタナティブライスフィールド 2021年稲刈りDAY4+冬野菜の区画準備

中1日で再び房総フィールドにやってまいりました 前回雨が落ちてきて半日で終わってしまった稲刈り その続きがメインなのですが、放置しっぱなしの畑に手を入れないと冬野菜の種下ろしができません ということで、本日は区画のメンテナンスからスタート まずは、毎年大根を育てている区画を耕起して雑草マルチを敷き詰めます 続いてニンニク区画 左右に伸びているイチゴを容赦無く引っこ抜き、こちらも耕起 そして魔法の粉を散布! 今年は房総オルタナティブ米を精米したときの糠(ぬか)があるので地力UPにチャレンジしております つい ...

ReadMore

房総オルタナティブライスフィールド 2021年稲刈りDAY3 曇りのち雨

オーガニックガーデン 2021

房総オルタナティブライスフィールド 2021年稲刈りDAY3 曇りのち雨

2021年の稲刈りも3日目 今日は母親が手伝いにやってきました 水がなかなか抜けず、ぬかるんだ田んぼですっかりローテンションな僕に対し、やる気満々な母親(笑) ひとまず午前中はひたすら稲刈り(と雑草抜き) 田んぼがぬかるんでいるので、稲を置くスペースが少なくて作業スピードが上がらないんですよね 土手に置いた稲束がいっぱいになったところで束ねていきます 昨年は麻紐で束ねていた母親 「今年は稲藁を使って束ねるのやってみたい」 と言っていたのでレクチャー 最初はうまくいきませんでしたが、数回チャレンジしてマスタ ...

ReadMore

房総オルタナティブライスフィールド 2021年稲刈りDAY2 田んぼの水抜き

オーガニックガーデン 2021

房総オルタナティブライスフィールド 2021年稲刈りDAY2 田んぼの水抜き

今週はまたまた天候不良で5日ぶりの房総入り ホントは週中に1回来たかったんですけどね... 今年の夏は天気に翻弄されている気がします さて、前回から始めた稲刈り再開です なんですが、田んぼの水がまだ抜けきれていません というか、この辺は前回と同じようなコンディション とは言え進めないと、、、   数列刈り取り、束にまとめたところで救世主登場! 房総フィールド裏の農家のおっちゃんがやってきたので 「水抜けないんすよー」 といったら、鍬を持ってきてくれて水抜きレクチャーしてくれました! 水路の排水側 ...

ReadMore

無印 ステンレスユニットシェルフにカラーパネルをつけてチャールズ・イームズ ESU(Eames Storage Unit)にカスタマイズ MUJI SUS meets Mid-Century Modern

東京自宅リノベーション DIY

無印 ステンレスユニットシェルフにカラーパネルをつけてチャールズ・イームズ ESU(Eames Storage Unit)にカスタマイズ MUJI SUS meets Mid-Century Modern

前回、リノベーション中の東京自宅 ロフト用に無印良品のステンレスユニットシェルフ(SUS)にDIYしたパネルを取り付けチャールズ・イームズのESU(Eames Storage Unit)風にカスタマイズしました 東京自宅 ロフト リノベーションDAY10  無印 MUJI SUS(ステンレスユニットシェルフ)にカラーパネルを取り付けチャールズ・イームズのESU(イームズストレージユニット)風にカスタマイズ ロフト用のパネルは、ペンキを塗り直したロフトのカラーに合わせて塗装しましたが、作りながらオリジナルの ...

ReadMore

房総オルタナティブライスフィールド 2021年稲刈り始まる

オーガニックガーデン 2021 Alternative Calendar

房総オルタナティブライスフィールド 2021年稲刈り始まる

今年も稲刈りのシーズンがやってまいりました 二十四節気は処暑、七十二候は禾乃登(こくものすなわちみのる) タイミング的にもバッチリです 今年は稲がラストスパートをかけるタイミングで長雨 ちゃんと実をつけてくれるか心配でしたが、雨風にも負けず黄金色の田んぼになってくれました ということでこれから暫くの間、稲刈り&脱穀作業三昧の日々となります!   今週から稲刈りを始めようと思い、先週きたときに水路の蓋を閉め、水抜きをしておきました が、雨が降ったせいか田んぼの水が抜けていません... さらに今年は ...

ReadMore

東京自宅 ロフト リノベーションDAY10  無印 MUJI SUS(ステンレスユニットシェルフ)にカラーパネルを取り付けチャールズ・イームズのESU(イームズストレージユニット)風にカスタマイズ

東京自宅リノベーション DIY

東京自宅 ロフト リノベーションDAY10  無印 MUJI SUS(ステンレスユニットシェルフ)にカラーパネルを取り付けチャールズ・イームズのESU(イームズストレージユニット)風にカスタマイズ

東京自宅の収納で使用している棚は無印良品のステンレスユニットシェルフ(SUS) 追加パーツを購入すればサイズを拡張できるしデザイン性も高く長年愛用しております 改めて家の中を眺めていたら、いつの間にか各部屋に1、2台配備されているじゃないですか!   無印からステンレスユニットシェルフが発売されたとき これは現代版 ESU(Eames Storage Unit)だ! と思ったものです Photo from wikipedia ESUとはミッドセンチュリーモダンのスターデザイナー チャールズ・イー ...

ReadMore

赤い月と小麦の脱穀

オーガニックガーデン 2021 Stars

赤い月と小麦の脱穀

昨日の夕方、東京を出てホームセンターに立ち寄り次のプロジェクトの部材を調達して房総に向かいました 房総フィールドに到着する直前、目の前に真っ赤な月! ちょっとキモイ しかもデカイ こんなに赤くて大きい月を見る機会も滅多にないので、そのまま海に直行 月が白くなるまで眺めておりました 開けて翌朝 敷地を巡回していたら稲架に藁が引っ掛けてありました なんじゃ、これは??? と思ったのですが、刈り取った稲を束ねるための藁であることを察知 そろそろ稲刈りなのでお隣さんが用意してくれたものでした! お気遣いありがとう ...

ReadMore

東京自宅 ロフト リノベーションDAY9 ベッドボードをDIY+ベッドマットレスをシーリー クラリスにリプレイス

東京自宅リノベーション ガジェット DIY

東京自宅 ロフト リノベーションDAY9 ベッドボードをDIY+ベッドマットレスをシーリー クラリスにリプレイス

着々とインテリアアップデートが進む東京自宅のロフト 25年近く使ってきたベッドマットレスを新調することにしたので、これを機にベッドボードを作ることにしました ベッドボードをDIY 前回、DIY工具を収納するキャビネットを杉の破風板で作りましたが、今回も同じく破風板を使ってベッドボードを作ります 先週、部材を調達し房総フィールドで軽くエイジングした破風板 厚さ24mmの破風板を1500mmと252mmにカット 長尺を棚、短尺を脚に使います 棚板と脚部のジョイントはL字金具と16mmビスで固定 棚板の両端から ...

ReadMore

サーリネンとフィンランドの美しい建築展@パナソニック 汐留美術館 ミッドセンチュリーモダンの源流はエリエル・サーリネンにあった

A Life in Tokyo

サーリネンとフィンランドの美しい建築展@パナソニック 汐留美術館 ミッドセンチュリーモダンの源流はエリエル・サーリネンにあった

1950年代前後にアメリカで花ひらいたミッドセンチュリーモダンというデザインムーブメント 椅子やテーブルなど家具の世界では、それまで木製パーツをひとつひとつ加工し接合し組み立てていたマニファクチュア的作り方から、プライウッド合板やFRPなど新素材を利用し大量生産されるようになりました プライウッド合板やFRPは、プレスや鋳型で成形するためデザインの自由度が上がります この頃の家具の特徴を一言で表すとしたら、一体成形したオーガニック(有機的)でフューチャリスティック(未来的)なフォルムです 流行り廃りの影響 ...

ReadMore

© 2021 房総オルタナティブライフ