ガジェット

小さいことはいいことだ。でも今回は… 1番大きいiPhone 12 Pro Maxか?!

投稿日:2020年10月14日 更新日:

小さいことはいいことだ。でも今回は… 1番大きいiPhone 12 Pro Maxか?!


2年前までiPhone SEを愛用し、iPadはminiを使い続け

小さいことはいいことだ!というのが僕の基本的な考え方

週に何日かは6畳1間の小屋で過ごし、居住空間ですらコンパクトで十分だと思っています(キッチンと風呂は欲しいけど…)

 

 

昨日はApple Eventを深夜3時まで見ていたので寝不足です…

Apple Eventで発表されたiPhone 12シリーズのラインナップは、iPhone 12 miniiPhone 12iPhone 12 ProiPhone 12 Pro Maxの4機種

サイズ的にはminiが5.1インチで1番小さく、まんなか2つは標準的6.1インチ、Pro Maxが6.7インチとビッグサイズ

普段であれば、iPhone SE(第二世代 4.7インチ)よりほんの少し小さくなり、かつ画面が広がったiPhone 12 miniで決定!

となるところですが、今回アップデートされたiPhone 12 Proシリーズのカメラ性能が魅力的なのです

 

iPhone 12iPhone 12 Proのカメラの違いは、2眼レンズ(超広角・広角)に対し、3眼レンズ(超広角・広角・望遠)+LiDARというスキャナが付いたこと

LiDARはセンサーから光を放ち、物体から反射して戻ってきた時間を計測して空間の深度を図るもので、NASAが火星着陸する際に使っているテクノロジーなんだそうです

これがあると暗所でのオートフォーカス精度が上がります

 

そして動画もHDRが8ビットから10ビットになり、Dolby Vision(iPhone 12は30fps / iPhone 12 Proは60fps)での撮影も可能

編集もiPhoneのiMovie/Clipでできてしまうそうで、Macでの編集は年内リリース予定の新Final Cutで可能になるそうです

シンプルに捉えれば、映画級クオリティの動画がiPhoneで撮影できてしまうということですね

 

そして悩ましいのが、iPhone 12 ProとiPhone 12 Pro Maxでカメラ性能を変えてきたこと

レンズは超広角13mm広角26mmまでは一緒ですが、望遠はiPhone 12 Pro52mm+2倍光学ズームなのに対し、Max65mm+2.5倍光学ズーム

さらにセンサーサイズがiPhone 12 Pro1.4µmピクセルに対し、Max1.7µmピクセルで47%大きく、MAX光学式手振れ補正(OIS)は一眼カメラにも使用されているセンサーシフト

 

iPhone 12 Proはスマートフォンというより

ポストプロダクションスタジオが付いたフォト&シネマカメラ

といった感じですね

小さいことはいいことだ。でも今回は… 1番大きいiPhone 12 Pro Maxか?!

A14 Bionicチップの処理能力に加え、物理的にも大幅アップデートとなったiPhone 12シリーズ

iPhoneをカメラとして捉えるならPro Maxにすべきだし、サイズを考えたらminiにすべき

大きさ・機能を考えると中間のiPhone 12 Proが落としどころなのは分かっているけど...

 

今回はiPhone 12 Pro Maxにするかも...

 

今までMaxサイズのiPhoneは使ったことなく、大きさが心配だけど...

 

今年はタケノコ掘りやお米づくりなど、初めてすることが多かった年だし

後半も「初めてのこと」にチャレンジした方が流れ的に良さそうだよな!

 

よし、言い訳はまとまった(笑)

iPhone 12 Pro Maxの予約開始は20日後、11月6日22時から

 

言いたかったことはこれ!↓

 

-ガジェット

Copyright© 房総オルタナティブライフ , 2020 All Rights Reserved.