沖縄リノベーション DIY

ワーケーションルーム改装プロジェクト始動 物件を見に沖縄へ!

ワーケーションルーム改装プロジェクト始動 物件を見に沖縄へ!


昨年末、一緒にお仕事をさせていただいている会社の社長が沖縄にマンションの一室を購入しました

プライベートで利用することに加え、スタッフの皆様がワーケーションで活用することが目的

 

僕が東京自宅の改装をしている話をしていたら

「じゃぁ、沖縄のマンションの改装やってもらえない?」

とオファーいただき、二つ返事で引き受けさせてもらいました!

やったー!!!

 

ここ7年くらい、房総の小屋とか東京自宅とか人様に影響のない範囲でDIYしてきましたが、いよいよワールドデビューです!

 

そして先週木曜日夜

「今週の土日沖縄行くんですけど一緒に行けます?」

と連絡をもらったので急遽予定を変更

物件を下見しに沖縄に行ってきました

 

今回改装するお部屋は築30年の物件。流石に設備は古いし、内装もだいぶ傷んでいました

想定外だったのが、コンクリートの躯体(壁面や天井)に外壁と同じ塗料が吹き付けられていたこと

塗装を剥がすなんてとてもやりたくないし(いや、出来ないし 笑)、ボード貼るとなると空間が狭くなるし、、、

こんな仕上げもあるんだなぁと思いながら、どうやって処理しようかと頭はぐるぐる

 

物件を見にいく前にお会いした現地の方から

沖縄は四方海に囲まれていて塩害とかもあるから木造よりコンクリート流し込んで家作ったほうがいいんだよ

ってなことを仰っていました(ことに真偽は不明ですが)

ただ、街並みを見ると、確かにコンクリート造の建物が多い

台風とかも直撃したりするからそういったこともあるんでしょうね、きっと

断熱処理とか気になるところですが、沖縄だし、コンクリートだし剥き出しでも問題ないのかもしれません

なにせダウン着るの年に1回あるかないかの世界だそうですから!

 

青図も残っていないとのことだったので、まずは計測して図面を起こすところからスタート

メジャーを当てながら、ここを間仕切って、こんな風合いにして、こんな家具置いたらどうだ?

いや、実用を考えるとこうだろ?

とか、いままでストックしてきた脳内アーカイブをシャッフルしながら

イメージを膨らませています

この作業がまた楽しい!

 

僕のスキルでできる範囲は限られますが、プランニング、解体作業、床面、壁面・天井、インテリアなどの造作なら行けそうです

ひとまず図面描き起こして、最終形のイメージをすり合わせして、外注スコープ、予算調整といったところですね

ワーケーションルーム改装プロジェクト始動 物件を見に沖縄へ!

物件から徒歩5分くらいでこの海ですよ!

こんなところいたら頭トロトロでワーケーションが成り立つの甚だ疑問です!

大体、那覇空港降りたらすぐに頭トロトロになっちゃいますからね、僕の場合

日曜日の夜に社長を見送り、もう一泊して実際にウェブ会議をしてみましたが、まぁ、やる気 出ませんでした(笑)

 

ここのところ、本業も立て込み、東京自宅の改装と房総のエクステリア改修も進めつつ、沖縄のリノベーションもとやることいっぱい

あぁ、東京自宅のシロアリ対策も進めないとだし、確定申告もあるし...

でも毎日フルスロットルで楽しい日々を過ごさせてもらってます♪

 

-沖縄リノベーション, DIY

© 2021 房総オルタナティブライフ