Soul Searchin' A Life in Boso A Life in Tokyo

マトリックスの中の2022年 明けましておめでとうございます

マトリックスの中の2022年 明けましておめでとうございます


年末までの慌ただしさから一転、ゆったりとした空気感に包まれるお正月

初詣にいったり、今年の抱負なんかを考えたり、ある意味、集団的に強制リセットされるのがお正月でもあります

でも、なんで1年の始まりが1月なのか?

その起源をたどって暦(こよみ)の始まりを振り返ると、もともとは農作業を始める春が起点となっていましたが、古代ローマ時代 紀元前153年に「ヌマ暦の改革」が行われた際に、出入り口と扉を守るローマ神話の神Janus(ヤヌス)を月の始まりにあてたことからJanuariusつまり1月が暦の起点になったといわれています

現在世界標準で使われているグレゴリオ暦は3月21日に春分を迎えるようになっていますが、暦の起点はヌマ暦で定められた1月が継承されています

僕の感覚だと太陽暦をベースにするなら冬至を元旦にした方がしっくりきますが、2175年前の為政者が定めたロジックが私ちの活動や思考にまで影響を与えているということです

こういうことを知るたびに、この世に張り巡らされたマトリックスを感じずにはいられません!

この世界は、古代ローマの暦OSの上で、初詣アプリケーション新年の抱負アプロケーションが起動しているということです

 

マトリックスの中の2022年 明けましておめでとうございます

ということで、マトリックスワールドの2022年が始まりました!

あけましておめでとうございます!
本年もよろしくお願いいたします

 

3年前にフリーランスになったり、コロナの影響でオンライン化が加速度的に進んだりして、ここ数年でライフスタイルが大きく変わりましたが、そろそろ次のステップに移りたいな と思っています

2022年のテーマ

1. ルーティーンでやることのアップグレード
2. 経験していないことへのチャレンジ

です

相変わらず具体的になにをするかは決まっていないので、いつも通り走りながら考えて動くことになると思いますが、

春頃までは本業の新しいプロジェクト沖縄リノベーションがメイン

その間に房総で小屋周辺の土留整備パーゴラ修復田起こし、東京自宅の階段ペンキ塗りといった感じですね

こうやって書き出してみると、効率的に動いていかないとだな…

でもこのあたりは過去にやったことの延長

つまりアップグレード領域になります

こういったこと以外に、いままで思いもつかなかった新しいことにチャレンジできたらいいなぁと思っています

それがなにになるのかは今はわかりませんが、そういった気持ちを持っていればやがて降りてくるでしょう!

大体そんなもんです、人生って(笑)

 

今年の房総初めは気分を変えてモノクロームでスタート

階調表現の理解を深めるにはモノクロっていいかもですね ← アップグレード領域(笑)

マトリックスの中の2022年 明けましておめでとうございます

「今年はオイラが干支にゃ!」

「えっ?猫っていたっけ?」

 

-Soul Searchin', A Life in Boso, A Life in Tokyo

© 2022 房総オルタナティブライフ