オーガニックガーデン 2020

まあるい区画と新月

投稿日:

まあるい区画


昨日から雨が降り続いていた房総フィールド

まあるい区画

今日も半日 小屋で過ごすんだろうなぁと思っていたら、9時を過ぎたあたりで雲が取れてきました

慌てて作業着に着替えて野良仕事開始!

まあるい区画

まずは田んぼの見回り

先週手植えした苗たちは順調に根を下ろしてくれているようです♪

まあるい区画

続いて落花生の殻割り

メインの区画には種まきしてありますが、今年はいろんな場所に植えてみようと準備していました

しかし、田植えや天候の影響で手が回らず、ようやく種まき開始です

通常は落花生は4月下旬〜5月上旬に種をまくのでだいぶ遅れてしまいました...

まあるい区画

大粒の種を選び、間も無く収穫を迎える小麦の隙間に種まき

まあるい区画

午後は敷地の前方にある木の周りを掘り起こし、まあるい区画を作ってみました

ここに落花生の種をまいてぐるっと丸い畑にしてみようと思います

特に意味はないですが、丸い畑、前からやってみたかったのです!

まあるい区画

雨で湿った土を掘り返していたのでグローブはドロドロ

まあるい区画

そういえば今日は新月

もうひとまわりしたのか... 早い...

月が満ち、欠けていくこのひと月の間に、たけのこ掘り、お醤油作り、田植えと人生初めての体験を沢山することができました

闇雲に新しいことをするのではなく、自分の感覚、感性にフィットした「新しいこと」を体験できたのは有意義なこと

収穫する、作る、育てる

どの体験も自然の力に寄り添って恵みを得るもの

これから様々なものごとがガラッと変わったとしても、変わらないものの中に身を置けていることがどれだけ安心でどれだけ価値のあることかを実感するひと月でもありました

 

今日、畑を開墾しているとき、向かいで草刈りをしていたおっちゃんに

「東京にいるより、こっちに居た方が楽しいでしょ?」

と言われましたが、ほんと、その通り

野良仕事にかかる時間は膨大で大変だけど、自然のサイクルの中に身を置いている方が楽しいのです!

 

余談ですが、今年の太陰暦は閏月がある年

今日から次の新月を迎える前日 6月20日までは2回目の4月、閏4月となります

このひと月、また何か新しいことできるかな?!

 

 

-オーガニックガーデン 2020

Copyright© 房総オルタナティブライフ , 2020 All Rights Reserved.