パネルハウス内装

房総フィールドデベロップメント パネルハウス内装 37日目 足場板を床に固定する(スクリューネイル45mm+フローリング用接着剤 床職人)

投稿日:



interior37_01.jpg

3月最初の土日はあいにくの雨模様

interior37_02.jpg

interior37_03.jpg

先週末、床材となる足場板を東京に持ち帰り電動ノコギリでカット

土曜日の夜、雨が止んだタイミングを見計らい、再び房総フィールドに持ち込みました

さっそくフィッティングしてみると、、、

interior37_05.jpg

背面の横板部分は数ミリ大きかったようで嵌りません。。。

interior37_04.jpg

真ん中部分の縦板部分は手前側が数ミリカットしすぎ。。。

そもそも小屋の内壁が若干歪んでいおり、完全な垂直水平ではないのでカットが難しいのです(と、言い訳)(笑)

床材 杉足場板30mmの固定

interior37_06.jpg

小屋の床材は広島 WOODPROさんより取り寄せた30mm厚の杉の足場板(T-30N 180)

interior37_07.jpg

一般的なフローリング材は実(さね)という側面の凹凸にはめ込んで固定しますが、足場板には実(さね)がありません。

実(さね)がある場合は、実(さね)の隙間にフローリング用の釘を斜めに打ち込んで、釘が見えないように固定しますが、今回は床面から直に釘を打ち込む「脳天打ち」という固定方法にしました。

床板が30mm、打ち込むスクリューネイルは45mm。よって、下板には15mm食い込むかたちになります。(スクリューネイル50mmでもよかったかな・・・)

interior37_08.jpg

脳天打ちするため、釘の頭が上から見えてしまいます

表に出るものなので、見た目も大切。どれくらいの間隔で打ち込めば綺麗かシミュレーション

interior37_09.jpg

使用するスクリューネイルは頭が小さいのでそんなに目立たないはずですが、どんなかんじになるか端材に打ち込んでみます

interior37_10.jpg

思っていた以上に目立たないですね

interior37_11.jpg

今日のお昼ごはんはサーモンベーグル。ピリ辛の玉ねぎとピンクペッパーがスパイシーで美味しかった♪

今週末はなんかダラダラモード。お昼ご飯を食べたあと昼寝をしてしまい、作業開始は14:30から(笑)

さて、作業始めます!

interior37_12.jpg

interior37_13.jpg

コニシボンドさんのフローリング用接着剤「床職人」を30cmくらいの間隔で塗っていきます

interior37_14.jpg

ボンドの上あたりからスクリューネイルを打ち込みます

interior37_15.jpg

当初は18cmの幅に3本打ち込もうと思っていましたが、左右2箇所に変更しました

interior37_16.jpg

今日はひたすらこれの繰り返し

interior37_17.jpg

入り口部分の横板部分完了。なかなか良い感じで固定できました!

interior37_18.jpg

続いて真ん中の縦板の固定へ

interior37_19.jpg

一箇所、釘打ちする箇所が節と当たってしまいました。強引に打ち込んでみたら、案の定、釘が入らず・・・

曲がった釘を抜くのにだいぶ時間を使ってしまいました・・・

interior37_21.jpg

ちょうど縦板部分でボンドが終了

interior37_20.jpg

あたりも暗くなってきたので、今日はキリのよいところで作業終了

interior37_22.jpg

柔らかい感触が杉ならでは

interior37_23.jpg

床板を固定すると安定感がでますね。完成に向けて進んでいることを実感します。

interior37_24.jpg

18時。だいぶ陽が伸びてきました。片付けして撤収です。

-パネルハウス内装

Copyright© 房総オルタナティブライフ , 2020 All Rights Reserved.