Travel Photo

真夏の戸隠神社 奥社と九頭龍社を巡る

投稿日:

戸隠神社 奥社 随神門


特に所縁(ゆかり)のあるところではないけれど、なんとなく赴いてしまう場所というのがあるものです

お盆休みの時期、例年であれば房総で過ごしていますが、猛烈な暑さが続いているので、冷房もない小屋生活では流石に身体が持たなそう。どこか涼しいところに行きたいと思っていたとき、ふと浮かんだのが長野県にある 戸隠神社

いままで通算5〜6回は来ていますが、またまた引き寄せられるかの如く脚が向いておりました

 

 

戸隠神社のある戸隠山は古記にある天岩戸開きで天手力男神(アメノタヂカラオ)が天照大神がお隠れになっていた岩をこじ開け、その放り投げた岩が飛んできてできたと言われている場所

天岩戸の舞台は宮崎県 高千穂であったと言われているので約1000kmほど飛んできたようです

ちなみに房総エリアだと木更津の近く袖ヶ浦にある坂戸神社にも天岩戸のかけらとされる岩が祀られているそうです。きっと戸隠に落ちた時の破片が飛んできたんでしょうね!

神々の世界はスケールがでっかい(笑)

 

 

戸隠神社は奥社、九頭龍社、中社、火之御子社(ひのみこしゃ)、宝光社の五社で構成されていますが、今回は奥社とその脇にある九頭龍社、中社を巡ってきました

戸隠神社 奥社 参道

お盆休み真っ只中だけあり、いままで見たこともない人の数
各社付近に駐車場はありますがどこも満車。戸隠スキー場に停め、奥社→中社→スキー場を15分間隔で巡回するシャトルバス(1日 500円)で移動した方が賢明です

戸隠神社 奥社 参道

戸隠神社 奥社 九頭龍社

片道2kmの参道を登りきったところに奥社(右)と九頭龍社(左)

裏の岩そのものが御神体になっているようです

戸隠神社 九頭龍社

戸隠の地主神を祀ってある九頭龍社

戸隠神社 奥社

奥社 神祭は天手力男神

戸隠神社のおみくじは一風変わっており、年齢(数え年)を伝えて神社の人に持ってきてもらうスタイル

内容は結構深く読み込まないと理解しにくい…

帰り道、参道を歩いていたら随神門の手前付近に人集りが出来ていました

覗き込むとなんと子熊が!

野良熊見たの初めて!きっと近くに親熊いたんでしょうね…

お昼は中社参道にある戸隠蕎麦の名店うずら家さんでと思っていましたが品切れ… ちなみに1番の人は午前2時に来たそうです… おそるべし お盆パワー…

 

 

エネルギーが強い場所に居たせいか、往復4kmほどある参道を歩いて疲れたのか、ただ単に暑くバテたのかはわかりませんが、帰宅した翌日は、もう眠くて眠くて仕方がなく、ほぼ一日中眠っていました

パワースポット巡りとかに興味があるわけではないですが、エネルギーが強いところ、自分にフィットする場所、特になにも感じないところ があることはなんとなくわかるようになってきました

この世には目に見えない力の渦みたいなものがあり、そこに引き寄せられることがあるものです

そこに引き寄せられることがなにを意味するのかはわかりませんが、少し時間をおいてみると、あの時こうだったからこうなったのか と因果関係みたいなものが見えてくることもあったりします

今回、戸隠に行ったことで自分の中のエネルギーみたいなものがぐるっと動いたような気がします

これがなにに繋がっていくのか今はまだわかりませんが、なにかが動いていくようにも思えます

 

ちょうどこの時期ペルセウス座流星群もやってくるので、どうせなら空気の澄んだ高原で眺めてみようと思っていましたが、残念ながら台風の影響で雲が多く星空を眺めることは出来ませんでした

雲に隠れる月明かり

雨乞いにご利益のある九頭龍さんにお参りしたから雨を呼んじゃったのかも知れませんね…

とかね!

 

まっ、気のせいかもしれませんけど、自分に都合のいいように思い込んじゃうのもありなのです(笑)

 

にしてこの疲れなんなんだろ… ふぅ

 

-Travel Photo

Copyright© 房総オルタナティブライフ , 2019 All Rights Reserved.